スポンサーリンク

先日、下の娘の友達が家に遊びに来てくれました。

その子は中学受験を予定しており、小4から塾に通っているそうです。

なんでそういう展開になったのか定かではないんですが、その子が次から次へと社会の問題を出題。

答えられない娘にかわって、私が回答することになりました。

Q:青森県にある世界遺産は?

A:白神山地!

Q:正解。では、群馬県にある世界遺産は?

A:富岡製糸場!

Q:正解。日本で2番目に広い湖は?

A:霞ヶ浦

Q:正解

A:では3番目に広い湖は?

Q:えーっと、屈斜路湖?

A:ブー。不正解。サロマ湖でした(ちなみに屈斜路湖は6位)

このあたりから旗色が悪くなってきます。娘はちっとも参加してきません。問題は続きます。

Q:日本で2番目に長い川は?

A:利根川。

Q:では3番目は?

A:すいません、分かりません。

Q:石狩川です。日本3大急流は?

A:えーっと、最上川、球磨川、あとどこだっけ?

Q:富士川です。「不死身のクマさん、もがいてる」って覚えてください。

A:はい。分かりました。。。

久々に、元中学受験生の血が騒いだ一日でした。

それにしても、我が娘は全く参戦できず。

改めて、理科・社会の絶望ぶりが露呈してしまいました。

なんとかしなくちゃな~。

スポンサーリンク