スポンサーリンク

帰国子女受験は甘くない(5)~なんで受験することにしたのか(上)~の続きです。

過去問を一通り集めたのはいいんですが、一向に取りかかる気配を見せない娘。どうしたもんかな~と思いつつも、無理やりやらせるのも何だし、と思って静観していたら、あっというまに秋口になってしまいました。

 

私「どうするの。さすがにNO勉では合格できないよ」

娘「分かってるけど。。。」

私「やる気が出ないんなら、地元の公立中でいいんだよ。学費も安いし」

娘「地元の公立は嫌」

私「小学校で仲いい子も進学するんでしょ。それでも嫌なの?」

娘「いや」

私「じゃあ、過去問やろうよ」

娘「いまはまだ、やりたくない」

 

こんな調子です。エンジンがかかってきたのは、もうすぐ冬休みになろうかという頃。間に合うかな-と思いながら過去問に着手。時間がないので、国語の文章題は捨てました。4~6年生で習う漢字の問題集をひたすら繰り返しました。

英語は、娘のほうができるので、自力で頑張ってもらうことにしました。残った時間は算数につぎ込みました。

ってあれ?

なんで中学受験するのかって話を書いていたのに、いつの間にか脱線してしまいました。すいません。

私が思うに、娘が受験したいと言い出したのはいくつか理由があると思います。ざっと挙げると、

  1. 地元公立中の英語が簡単すぎる
  2. いま通ってる小学校のクラスメイトのうち、4割くらいが受験を考えてる
  3. 公立中の雰囲気が、なんか厳格(勉強第一かつルールに厳しいイメージ)
  4. 地元公立中にはやりたい部活がない

という感じでしょうか。

ただ、自分から受験したいと言い出したわりには、たいして勉強もせずに受験に突入。私が「行かせたいな」と思っていた渋谷渋谷と立川国際には見事に落ちてしまいました。

次回は、帰国子女受験は甘くない(7)~立川国際の不合格体験記(上)~です。

塾に行かず、過去問にもなかなか取り組まないのなら、せめて学習用英字紙でも読ませれば良かったと思ってます(後知恵)。英語と時事問題を同時に学習できる英字紙The Japan Times Alphaは、下記バナーから申し込めます!3か月購読(週1回)なら3390円(税、送料込み)です。

スポンサーリンク