スポンサーリンク

男子御三家の実態。続きまして武蔵編です。

わりと通いにくい場所(西武池袋線の江古田駅)にあるにも関わらず、「兄弟そろって武蔵」とか、「親子で武蔵」って人が多い印象です。一度通ったらやめられない。いわば、

中毒性(?)のある学校

と言えるでしょう。

武蔵の特色ですが、開成・麻布と比較しますと、間違いなく麻布寄りです。

  • 集団戦よりも個人戦
  • 規律よりも独創性
  • マルチよりも一芸
  • 受験のための勉強するなんてクソ

というようなメンタリティーを持ってる人が多い。

武蔵については、私が長々と書くよりも、作曲家・指揮者の伊東乾さんがJBpressという媒体で書いている記事が参考になります。

たとえば、大学に入ることが目的の教育とその先を考えた教育(2014年12月19日付) という記事の中で、

我が子がのびのびと成長し、オリジナルな人生を歩める場

と書いています(残念ながら、記事の全文を読むのは有料です)。

御三家の一角である武蔵中・高は、当然のことながら、各方面に多数の卒業生を輩出しています。

  • 宮沢喜一(首相)
  • 有馬朗人(東大総長、文科相)
  • 中曽宏(日銀副総裁)
  • 景山民夫(直木賞作家)

あたりが有名です。ちょっと変わったところでは、

  • 社会活動家の湯浅誠さん
  • 馬術で五輪に出場した法華津寛さん

などがいます。

ただ、進学実績はこのところ、振るわないようです。

東大だけが全てではないですが、2018年の東大合格者数は、27人(18位)にとどまりました。開成の175人(1位)、麻布の98人(3位)と比べると、どうしても見劣りしてしまいますね。

名門校「武蔵」で教える 東大合格より大事なこと (集英社新書)

新品価格
¥821から
(2018/11/26 08:33時点)

私の周辺にいる武蔵出身者の特徴は、

信念を持って仕事をする

方が多いという印象です。不利と分かっていても、理屈が通らないことを命じられると抵抗する。そんなメンタリティーを持っています。こういう人は、人間として信頼できますよね。

目先の進学実績にこだわらず、

生きる力をつけたい

と考える方にぴったりな学校です。

スポンサーリンク