スポンサーリンク

帝京ロンドン学園について3本目の記事です。特に思い入れがあるわけでもないのに、なんで3本も書いてるんでしょうか。。。

さて、今回は気になる学費について。HP内に学費についての記述があるのではないかと思って探してみたんですが、見つけることができませんでした。で、仕方ないので英語でグーグル検索してみました。すると、ありました。

OFSTED(英国の学校評価機関)のサイト

2013年秋のレポートを見てみると、10ページ目に学費の記述がありました。それによると、

入学金:2400ポンド

授業料(年間):9500ポンド(通学)、1万7100ポンド(寮生)

とのことでした。今の為替レート(1ポンド=145円)で計算すると、入学金は約35万円。授業料は、通学なら年140万円、寮なら250万円くらいです。高額ではありますが、ものすごく高いというわけではないですね。この数字は2013年度のものなので、現在はもっと上がってるかもしれません。また、サッカーコースは別途お金がかかると思われますが、オフステッドのレポートには出ていませんでした。

ちなみに、学校としての評価は、4段階あるうちの上から2番目にあたる「Good」でした。

3回にわたって書いてきましたが、私の結論は、

「いい学校かもしれないけど、入学を検討するにあたり最も気になる学費を分かりやすく示していない時点で、学校の姿勢を疑う。よって、子供を預けるべきではない」

というものです。進学実績も、目を見張るほどのものはない。立教英国と比べると、早慶・東京医科歯科あたりに生徒を送り出している立教の方が明らかに上です(立教英国には、通学という選択肢がない点に注意)。

ただ、前回も書きましたが、将来、サッカー関係の仕事をしたいと考えている場合は、選択肢の一つになり得ると思います。

美しき英国パブリック・スクール

新品価格
¥7,800から
(2018/8/18 15:27時点)

スポンサーリンク